• 家に住みつかれてしまったら、早めにこうもり駆除

    暗くなるとヒラヒラと住宅地を飛び回る小さなコウモリ、日本で一般的によく見られるコウモリはアブラコウモリという種類です。わずかなすき間から家に入りこみ天井裏や軒下に住みつかれてしまうと、糞や体に寄生しているダニやノミなどの衛生被害は深刻です。
    こうもりが家に住みついているのを確認したら、早めにこうもり駆除をおこないましょう。


    コウモリは1日に500匹以上の害虫を食べてくれる、益獣の面もある動物です。
    鳥獣保護法で保護されているので、許可なくむやみに捕獲したり殺傷することはできないのです。



    こうもり駆除は基本的に家から追い出し、戻ってきて再び住みつかないように侵入を防ぐのです。



    こうもり駆除を始める前に、まずは侵入経路の確認をしておきましょう。

    侵入経路が分からない場合や家が古く侵入経路がたくさんある場合や糞の掃除ができないような壁の中に住みついている場合には、専門の業者への依頼を検討するほうが無難です。何度追い出しても場所に執着するこうもりは戻ってくるので同じことの繰り返し、糞の掃除が出来ないと乾燥した糞に含まれるカビ菌が飛び散り感染症の危険もあるのです。こうもり駆除は時間も需要です。



    こうもりは夕方に虫を補食するため巣から出ていくので、その時間に合わせて追い出し戻ってくる前に侵入口を塞ぐのです。

    こうもりを追い出すのに速攻で効果があるのが、強烈なハッカの臭いがする忌避スプレーです。巣にスプレーを噴射すると、臭いに敏感なこうもりは慌てて逃げ出していくので、全てが出て行ったのを確認してから糞を片付け消毒をして、パテや金網で侵入口を塞いでしまいましょう。

  • これからの害獣駆除

    • 普段姿を見かけることは少ないですが、こうもりは身近にいる生き物です。こうもりは昆虫を食べてくれるため人にとって利益のある益獣です。...

  • 害獣駆除のテクニック

    • 家に軒下や屋根の裏側、ベランダなどにこうもりが住み着いてしまうことがあります。家に住み着いてしまうと被害が出てしまいます。...

  • 害獣駆除について思うこと

    • 世の中には害獣と呼ばれる生活に影響を与えるような動物たちが少なからずいますが、その中でも最近よく見かけるようになっているのがこうもりです。ふん害などを始めとして、ダニなどの虫も住み着きやすくなってしまいますし、飛び回って騒音を出したりして悩まされる事もあります。...

  • 害獣駆除の注目情報

    • シャッターや屋根裏に住み着いてしまったこうもりに悩まれている方も多いのではないでしょうか。こうもりは、糞をたくさんするため不衛生ですし、病原菌の媒体となる可能性もあります。...